下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら


30-17 あの彼が作った静かな一品。オムレツの日に食べた☆大きなオムライス。

1985年に公開された『タンポポ』という日本映画があります。

ある雨の夜。長距離ドライバーのゴローは相棒のガンと、さびれたラーメン屋へ。

そこで出されたラーメンは不味く、店の客とは喧嘩になり、あげく気を失うゴロー。

翌朝。目覚めたゴローは、介抱してくれた店主に、ラーメン屋の手解きを伝えます。

店主に指導を求められ、共に行列のできるラーメン屋を目指すこととなります。

この作品のメインはラーメンですが、オムニバス形式で進んでいく中で、

様々な美味しいもの、人間模様がちりばめられています。

中でも印象的なのは、店主の息子、小学生のターボーにホームレスの男性が、

オムライスを作ってあげるシーン。2人で厨房に忍び込み、男性が手早く作り上げる。

ケチャップライスに、ふわっふわなオムレツを乗せてナイフで切り、半熟たまごが

ケチャップライスを隠す。最後にケチャップをかけたら、オムライスごと退散です。

この2分弱の調理シーンにセリフはゼロ。それでもとてもコミカルなのはきっと、

流れる音楽と、このホームレスの男性を演じたのが高見さんだからでしょうか。

子ども向け番組『できるかな』で1966年~1990年まで“ノッポさん”だった方です。

“ノッポさん”が作ったオムライス。子どもっぽいけれど、食べたくて仕方がない。

こっそり静かに作ってみようか。とろりと半熟に“できるかな”?

30-17 オムレツの日に食べた☆大きなオムライス レシピ・作り方
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460009037/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

サイト内検索

ピックアップ記事

  1. ご近所さんにじゃがいもをたくさんいただきました! コロッケや肉じゃがなどいろい…
  2. 休みの日は麺料理が主だけど、 急に子供がスパゲティ食べたいとは言ったものの、 …
  3. 食材が気候に左右されて値段も高騰。 お給料前ということもあって、 買い物…


ページ上部へ戻る