下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら


白身魚のムニエルの由来、元々のレシピ

ムニエルの由来は、

魚を塩・胡椒で下味をつけ、

小麦粉をまぶして、

バターで焼いた料理のことです。

フランス語のムニエから来ています。

魚を小麦粉の中に落としてしまったのが、

日本のムニエルのはじまりと言われています。

作り方

生鮭 1切

小麦粉 大1

バター 1片

塩、胡椒 各少々

市販のタルタルソース 適量

レモン 1切

1
鮭の両面に塩を降り、

5分位おきます。

浮いてきた水分を拭き取り、

胡椒をふります。

2
両面に小麦粉をまぶせます。

フライパンを中火でかけて、

油をひいて、

鮭を両面焼いていきます。

こんがり焼けたら、

バターを入れて

鮭に絡めたら完成です。

お好みで、

タルタルソース

レモンを添えて完成です。

約10分位でできます。

感想

レモンの汁をかけると

鮭とマッチングして美味しくなります。

そのままでも食べられます。

タルタルソースは、

子どもが好きそうだと思います。

市販のタルタルソースより、

自分で手作りしてもいいかも知れないです。

自分で作る料理は、

何でも美味しく感じます。

洋食の定番!鮭のムニエル
洋食の定番!鮭のムニエル

料理名:鮭のムニエル ムニエル
作者:uzuratukune3

■材料(3人分)
生鮭 / 3切
小麦粉 / 大さじ1
バター / 3片
塩・粗挽き黒こしょう / 各少々
サラダ油 / 大さじ1
タルタルソース(こつ参照) / お好みの量
レモン / 3切

■レシピを考えた人のコメント
とっても簡単なのにかしこまったお食事気分が味わえちゃうメニューです!

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
洋食の定番!鮭のムニエル レシピ・作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

サイト内検索

ピックアップ記事

  1. ご近所さんにじゃがいもをたくさんいただきました! コロッケや肉じゃがなどいろい…
  2. 休みの日は麺料理が主だけど、 急に子供がスパゲティ食べたいとは言ったものの、 …
  3. 食材が気候に左右されて値段も高騰。 お給料前ということもあって、 買い物…


ページ上部へ戻る