下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら


30-19 命と生きること、終えること。ケン○ッキー風手作りフライドチキン 。

2008年公開の『おくりびと』という日本映画があります。

主人公の男性、小林は東京の管弦楽団でチェロ奏者として活躍していました。

ところが、管弦楽団は解散してしまい、これをきっかけに故郷である山形へ帰ります。

“旅立ちのお手伝い”という求人広告を目にした小林は、旅行代理店かと思い、面接へ。

ところが。添乗員ではなく、納棺師という、命の旅立ちをおくる仕事でした。

採用された小林は妻に再就職先を伝えるも、嫌悪感を投げられ、溝ができてしまう。

小林自身も、仕事が心を縛りつけ、食事も吐き気でままなりません。

そんな納棺師の仕事も馴染んでしまえば、誇りも感じられるように。

クリスマスには会社で、ツリーを飾って、社長と事務員とバスケットいっぱいの

フライドチキンをムシャムシャと食べるほどに、小林の心は成長します。

このフライドチキン、美味しそうなんです。食べることは生きること。

命や死に触れる仕事をしたって、生きていれば空腹を感じ、“困ったことに”美味しい。

誰かを見送って、誰かに見送られる。我々は誰もがその当事者です。

そうであることを心の深くに繋ぎながら、フライドチキンにかぶりつこう。

30-19 ケン○ッキー風手作りフライドチキン レシピ・作り方
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1910002967/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

サイト内検索

ピックアップ記事

  1. ご近所さんにじゃがいもをたくさんいただきました! コロッケや肉じゃがなどいろい…
  2. 休みの日は麺料理が主だけど、 急に子供がスパゲティ食べたいとは言ったものの、 …
  3. 食材が気候に左右されて値段も高騰。 お給料前ということもあって、 買い物…


ページ上部へ戻る