下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら


シフォンケーキのコツ

ふわふわとした生地で、

口に入れるとシュワッと溶けるシフォンケーキ。

レストランやカフェなど、

様々なお店でデザートとしておかれています。

発祥はアメリカだそうですが、

今やアメリカより日本の方が

メジャーになっているようです。

筆者もシフォンケーキは大好きで

お店で注文したり、

自分でもよく作ったりしています。

材料は、小麦粉、砂糖、卵、植物油が主で

家にあるものばかりなので、

作りたい!と思った時にすぐ出来るのが
魅力的なお菓子です。

シフォンケーキを作る一番のコツは、

メレンゲ作りです。

メレンゲとは卵白を泡立てたもので、

ふわふわな生地の秘密がこれです。

卵白には、

沢山の空気を取り込むことができる気泡性と、

その泡を持続させる空気変性の力が備わっています。

そのため、卵白を泡立てるとふわふわとしたメレンゲになるのです。

コツとしては、

まず、卵白は冷たい方が、

キメの細かいしっかりとした泡になります。

なので、メレンゲを作る直前まで

卵は冷蔵庫に入れて冷やしておくと良いです。

また、この泡になる力は

油分によって阻害されます。

なので、メレンゲを泡立てる前には

ボールの中をよく確認して、

バターや油などが入らないようにします。

さらに、実は砂糖も卵白が泡になるのを阻害します。

そのため砂糖は最初に一気に加えるのではなく、

先に卵白を大体泡立ててから、

少しずつ加えていきます。

以上のことを気をつけるだけで

メレンゲ作りは上手くいくと思います。

是非メレンゲの原理を理解して、

ふわふわのシフォンケーキに挑戦してみてください。

ハロウィンにいかが?パンプキンシフォン
ハロウィンにいかが?パンプキンシフォン

料理名:かぼちゃのシフォンケーキ
作者:tara@minfannote

■材料(2~3人分)
(1単位分=12cm型用) /
かぼちゃ(マッシュしたもの) / 30g
卵黄(L) / 1個分
水 / 5g+α
ラム酒 / 5g
サラダオイル / 5g
薄力粉 / 20g
卵白(L) / 1個分
塩 / 少々
きび砂糖(または上白糖) / 20g
(お好みで)シナモンパウダー / 少々

■レシピを考えた人のコメント
各型の生地量については、上記1単位分(全卵1個使用)を整数倍して対応しています(卵1個=12cm用、2個=14cm用、3個=17cm用、5個=20cm用)。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================

====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

サイト内検索

ピックアップ記事

  1. ご近所さんにじゃがいもをたくさんいただきました! コロッケや肉じゃがなどいろい…
  2. 休みの日は麺料理が主だけど、 急に子供がスパゲティ食べたいとは言ったものの、 …
  3. 食材が気候に左右されて値段も高騰。 お給料前ということもあって、 買い物…


ページ上部へ戻る