下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら


30-15 夢とケンカと兄弟の絆。プレーンオムレツ。

1996年公開の『リストランテの夜』というアメリカ映画があります。

舞台は1950年代のアメリカ東部、ニュージャージーの田舎町。

イタリア移民の兄弟、プリモとセコンドが営むレストラン“パラダイス”の物語。

兄のプリモは調理担当。職人気質で、祖国イタリアの味を守り続けています。

弟のセコンドは経営担当。倒産寸前のレストランを守ろうとしています。

同じ夢、祖国への思いがありながら、表現方法が違う2人はケンカばかり。

アメリカ人向けのライバル店に、お客さんは流れていく一方の毎日…。

そんなとき、有名歌手を招いてパーティーを開く話が持ち上がります。

起死回生となるこのパーティー。兄弟はその夜に取っ組み合いのケンカをしてしまう…。

パーティーの翌日、朝食を作ろうと弟のセコンドがキッチンに立ちます。

そこで作ったのが、オムレツでした。何の変哲もないプレーンオムレツ。

フライパンの中で切り分け、タイミングよく帰ってきた兄のプリモの皿を出し、

フライパンに残したオムレツを乗せて、パンをバスケットに乗せて差し出します。

兄弟の間に会話はありません。でも隣に座ってオムレツを食べる。

そして互いに顔も見ずに肩を組む。もはや言葉はいらないんですね、兄弟だから。

兄弟だから加減せず言いたいことも言ってしまうし、兄弟だから言わなくてもわかる。

親とも友達とも違った近い関係性。シンプルなオムレツに絆を感じたシーンでした。

30-15 プレーンオムレツ レシピ・作り方
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1440003426/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

サイト内検索

ピックアップ記事

  1. ご近所さんにじゃがいもをたくさんいただきました! コロッケや肉じゃがなどいろい…
  2. 休みの日は麺料理が主だけど、 急に子供がスパゲティ食べたいとは言ったものの、 …
  3. 食材が気候に左右されて値段も高騰。 お給料前ということもあって、 買い物…


ページ上部へ戻る